暗号通貨入門ガイド

仮想通貨やブロックチェーン技術を初心者に向けて分かりやすく説明していきます。

取引所

ビットコインの「取引所」と「販売所」の違いとは?

投稿日:

ビットコイン05

ビットコインを売買するためには、まずは「取引所」の口座開設が必要です。

「取引所」と呼びましたが、これは「仮想通貨交換業者」のことです。オンライン上で仮想通貨の販売・取引をどちらか、または両方が行えます。

「仮想通貨交換業者」の中で、ビットコインの取引を行う場所のことを「取引所」、販売を行う場所を「販売所」と呼びます。今回は、この2つの主な違いについて述べていきます。

 

「取引所」と「販売所」の主な違い

両者の主な違いは、取引相手です。「取引所」では、他のユーザー同士で売買できるのに対し、「販売所」では、直接販売業者と売買する点が大きな違いになります。

 

「取引所」の特徴

取引所では、ユーザー同士がいくらで売る・買うを示して、条件が合えば、お互いの希望価格でビットコインを売買します。株取引のようなイメージです。

取引が成立すると、運営している業者に手数料を支払わなければなりませんが、手数料も安い点が特徴です。

しかし、希望価格が現在の相場価格よりもあまりにもかけ離れていると、取引が成立せず、売買できませんので、注意が必要です。

 

「販売所」の特徴

販売所01

販売所は、取引相手が販売業者そのものです。

業者によってあらかじめ売値と買値が提示されていて、即座にビットコインの売買ができます。操作もシンプルで使いやすいため、初心者は気軽に購入できます。

しかし、取引所と比べると購入時と売却時の価格差(スプレッドと言います)が大きく、取引所での値段よりも高値で買い、安値で売ることになります。

 

「取引所」と「販売所」、どちらで売買すべき?

単純に利益を上げたければ、手数料も安い「取引所」での売買がおすすめです。
 販売所ですと、どうしても取引所よりも高い値段で買い、安い値段で売ることになるからです。

初心者なら最初のうちは手軽に購入できる販売所で試してみて、慣れてきたら取引所での売買をおすすめします。

ただ販売所では、すぐにビットコインの売買ができますので、確実にビットコインが欲しい時や売りたい時、安心して取引することができます。

以上、「取引所」と「販売所」の違いを述べてみました。両者ともにそれぞれ特徴がありますので、場面ごとに使い分けて取引してみてください。

 

 

-取引所

Copyright© 暗号通貨入門ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.